さあ、予防医療!
  • MSDMSD
  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook

全国の健康増進活動を発信「社会にひろげる予防医療!」

企業・健保組合での
活動事例

自治体での活動事例

全国の企業・健保組合でおこなわれている健康増進活動の取り組みを紹介しています。
ぜひとも、皆さまの企業・健保組合での活動の参考にしてください。記事は50音順(企業名)やキーワードでの検索が可能です。

株式会社イトーキ

職場で健康増進!
オフィス環境で「ココロとカラダ」の健康づくり!!

健康経営推進委員会は、WELL Building StandardTM取得にも貢献
(健康経営推進委員会事務局 岩下真理さん、植田真理さん)

ワークサイズ(Workcise)を通して健康な職場環境をお客様にご提案・ご提供する以上、社員の健康をないがしろにはできません。会社として社員の心身の健康が重要な経営課題であることを内外に宣言するために、2017年に「健康経営宣言」を策定しました。同時に、社長を委員長とする「健康経営推進委員会」を立ち上げました。この委員会は会社からのトップダウンではなく、人事部、総務部、健康管理室、安全衛生管理室、コーポレートコミュニケーション部、ソリューション開発部、健康保険組合、労働組合など、社員の健康に関する取り組みを行う部門からも委員を選任し、それぞれの立場から意見や要望を挙げてもらっています。

XORK内マインドフィットネスゾーンの様子 (提供:イトーキ)

XORK内マインドフィットネスゾーンの様子
(提供:イトーキ)

そして、2018年に、京橋(東京都中央区)のSYNQAなど都内4カ所の拠点を日本橋の「ITOKI TOKYO XORK(ゾーク)」に統合しました。この新オフィスは、2019年に、一般社団法人Green Building Japanが認証するWELL Building StandardTM「ゴールド」レベルを取得しました。WELL認証TMでは、「空気」「水」「食物」「光」「フィットネス」「快適性」「心」という七つのコンセプトについて、およそ100項目が評価されます。
この認証を得るための活動では、社員の健康増進につながるよう働きかけています。例えば、スイッチやドアノブなど高頻度で触れるものは通常の清掃に加えて定期的に除菌を行っています。「食物」や「水」に関する取り組みとしては、飲料にはトランス脂肪酸や糖分を多く含まない水やお茶を各フロアに設置したり、また社内のカフェでは野菜やフルーツを1個100円と手頃な価格で販売したりしています。またイトーキオリジナルの施策としては、心を健康にしたり、心を整えるスペースとして、XORK内にマインドフィットネスゾーンを設けています。

「活動量計」で社員の健康意識向上を目指す!

XORK内にて、活動量計で測定する様子 (提供:イトーキ)

XORK内にて、活動量計で測定する様子
(提供:イトーキ)

他にも健康に関わる取り組みとして、2019年4月から、オフィスに限らずオフ日も含む日々の活動量の見える化による行動変容を目的とした健康プログラムを実施しています。他社の協力のもと、XORKで働く社員全員に、活動量計を配布しました。しかし、ただ配布するだけでは活用してくれるとは限りません。そのため、開始時に、社員に向け健康プログラムの説明会を実施しました。その際、一方的に説明するのではなく、少人数で社員からの質問を受けやすいような雰囲気づくりに留意しました。 また、活動量に応じた「ポイント」を付与しています。獲得したポイントは健康関連グッズとの引き換えが可能です。さらに、XORK内の3フロアに、活動量計と連動した体組成計と血圧計を設置しています。体組成計を使用するとビープ音が鳴るため、それが他の社員に対する良い刺激にもなっているようです。このような施策や説明会のこまめな開催の結果、活動量を習慣的に測定する社員が増えました。 一方、週始めの朝礼後に、ストレッチを隔週で実施しています。外部講師を招いた10分ほどのストレッチですが、要望にも応えてくれるため、ほぼ全員が参加しています。

イトーキ独自の健康情報を発信!

また、健康経営推進委員会の活動として、イトーキ社員の健康事情をさまざまな数字から分析した「イトーキ健康白書」を2018年までに合計3回発行しました。私たちの健康に関する情報のため、「自分自身の問題」として読んでくれたようです。特に2018年には、健康診断で明らかになった「健康年齢」が「実年齢」よりも10歳以上若かった社員をピックアップして、食事や睡眠、体重などの生活習慣を具体的な数字で提示しました。どうすればより健康になれるかという視点から、「イトーキ健康優良社員のLife Style」を身近なものとして捉えてくれたようです。 加えて2018年には、社内向けのWEBサイトを利用し、全社員向けの健康教育「健康にススメ」を開始しました。2018年のテーマは「健康経営と健康診断」、2019年はより身近なテーマとして「カラダとココロが健康になる生活習慣」を取り上げました。「食事」「運動」「睡眠」のテーマごとに正しい情報を提供し、確認テストにて理解度もチェックしています。

常に社員の関心ごとにアンテナを張る!

健康経営推進委員会委員長 平井嘉朗さん(取締役社長:中央)、 同事務局 岩下真理さん(左)、 同事務局 植田真理さん(右)※ (提供:イトーキ)

健康経営推進委員会委員長
平井嘉朗さん(取締役社長:中央)、
同事務局 岩下真理さん(左)、
同事務局 植田真理さん(右)※
(提供:イトーキ)

今後の課題は、この日本橋XORKにおける成果をどのように他のオフィスで展開するかという点だと思います。また、XORKに勤める社員の中でも3割弱ほど存在する、健康無関心層の方に対して今後どのように関心を持ってもらうかも、課題として残っています。そのために、社員がその時々に関心を寄せている健康関連トピックスを見逃さぬよう、今後もアンテナを張り続けます。
※感染症対策を十分に実施した上で撮影を行っています。
●なお、本取材記事は2020年1月現在の取り組みとなります。

イトーキはこんな会社!

株式会社イトーキ

東京日本橋に本社を置く株式会社イトーキは、1890年の創業以来、オフィスの進化の歴史とともに効率化と快適性を追求し続け、オフィス創りのプロフェッショナルカンパニーとして、日本のオフィスの発展に大きな役割を果たしてきたよ。オフィス家具・建材やセキュリティ機器、自動物流搬送機など、多岐にわたる事業分野を開発。オリジナリティ溢れる製品づくりへの挑戦は、オフィスチェアやシートで国内外のさまざまな賞を受賞するなど、高い評価を得ているんだ。オフィスに限らず、公共施設や教育施設、医療福祉施設、パーソナル空間まで、これからのワークスタイルをサポートしているよ。

株式会社イトーキ(https://www.itoki.jp/

本社:東京都中央区日本橋二丁目5番1号
創業:1890年12月1日 従業員数:2,022名(単体)注)従業員数は就業人員 ※2019年12月31日現在
事業内容:【オフィス関連事業】ワークステーションシステム、デスク、ローパーティション、事務・会議チェア、テーブル、保守サービス業務等
【設備機器関連事業】<建材>オフィス建材内装設備、移動間仕切・可動間仕切等
<その他の事業>セキュリティ設備機器、工場・物流設備機器、商業施設機器、研究施設機器等
【その他】学習デスク・チェア、書斎・SOHO用家具、ソフトウェア開発事業等

自治体での活動事例